ストレスが原因となる適応障害とは【薬物療法で症状改善を目指す】

ストレスからくる病気

スーツの男性

原因を取り除くには

精神に支障が出てしまう病気はいろいろとありますが、どれもストレスに関係しているものが多いです。代表的なものにうつ病がありますが、これに近い症状に適応障害があります。適応障害も原因がストレスですが、うつ病のように気分が長く塞ぎこんでしまうような状態にはなりません。ただし、原因となることに異常な不安を覚え、吐き気や動悸などを感じるようになってしまいます。適応障害は原因となるストレスから離れることによって、症状が次第に落ち着いてくるようになります。ストレスを取り除いて半年以内に症状が治ることが適応障害の特徴で、ここがうつ病との大きな違いです。そのため、適応障害という病気に気付かない人も少なくはありません。周りからも誤解を受けてしまうこともあるので、おかしいと感じたら、精神科や心療内科で診てもらうことです。そこで症状を具体的に話していくことで、適応障害と診断されることもあるのです。また、適応障害は原因となっているストレスから離れなければ、症状が治ることはありません。例えば、原因が職場であった場合、そこで仕事を続けることで症状がずっと長引いてしまうことになります。何らかの形で職場と離れるようにすれば、症状に苦しむこともなくなります。このことを把握したうえで、健康を優先させていくために判断しなければいけなくなります。適応障害は体や心の不調にまず気づくことが大事で、症状が辛いときは治療を受けていくようにします。そして、ストレスとなる原因を取り除くことも必要なので、慎重に考えていかなければいけません。

具体的な症状と治療

適応障害で起こる症状には、強い不安やうつ状態が続き、涙もろくなってしまいます。やる気もなくなり、そのために自暴自棄になってしまうことがあり、食欲やギャンブルに走ってしまうことも珍しくありません。身体的には理由の分からない動悸や吐き気を伴い、原因となることに直面したりそのことを考えてしまうだけで起こってしまうこともあります。このような適応障害に陥りやすい人は、だいたいが真面目な人です。責任感が強く、細かいことに気を配り、何でも完璧にしてしまうような人が当てはまります。そういう人は自分をいつの間にか追い込んでしまうので、間違いが許されない状態に知らず知らずにしているのです。また、周りに相談できるような人がいなければ1人で抱え込んでしまい、それが適応障害になりやすくしてしまう原因でもあります。これを治療していくには、まずはストレスとなる原因を取り除き、それと同時に心理療法が行われます。これはストレスに強くなることを目的に行っていく方法で、1つ1つの考え方や行動を見直していくようにしていきます。それを医師やカウンセラーがアドバイスしてくれるので、一緒になってストレスに負けない体制を築いていくことができるのです。これを行うことでいろいろなことが変わり始め、完璧なことにこだわらなくなったり、少しは手を抜くことも大事だと気付きます。要は、どんな環境でもどんな人とでも、上手く合わせられるように訓練していく治療なのです。適応障害に悩んでいる人はそう見えないだけであって、真面目すぎる性格から少なくはないと思われます。異変に気付くことで正しい対処ができるので、無理をせずに症状と向き合っていくようにしましょう。