ストレスが原因となる適応障害とは【薬物療法で症状改善を目指す】

こころの病気を知る

女の人

病気の特徴

適応障害はある特定の状況に陥った時、辛い状況から抜け出たいのに出れない場合に発症します。辛く耐えがたくなると、気分や言動が安定せず、普段見られない行動が見られるようになります。突然憂鬱な気分になったり、抑鬱を繰り返し不安な気持ちになったり、涙もろくなる等、過剰な行動が出るようになります。他にも無断欠席や無理な運転、破壊や争い等、性格にも変化が見られるようになります。適応障害はストレスにより引き起こされる、情緒や行動に現れる症状であり、社会的機能に障害が発生している状態です。ストレスの感じ方は個々によって異なりますが、その人にとって限界であれば許容量をオーバーしている事になります。その状態を放置しストレスがかかったままにしていると、うつ病や統合失調症へと発展するため、早期解決が望まれます。適応障害はストレスを感じてから1カ月以内に発症しますが、半年続く場合は別の病気である可能性もあります。適応障害には抑鬱気分や不安あせり、緊張や怒り等の情緒的異変が発生します。また通常を超えた飲酒や暴食、喧嘩や無謀運転等、気性の激しい行動が続くようになります。子供の場合は赤ちゃんがえりを発症する事もあるため、ストレスが強い状態になっています。不安が強くなると体の機能も上手く調節できなくなり、暑くもないのに汗を掻いたり、めまいを引き起こします。適応障害はストレスから離れると体がすっと楽になります。うつ病との大きな違いは環境を変えると劇的に良くなる事です。

治療を受けるメリット

心の病気は早期に発見して早期に解決する事が重要であり、長引けば長引くほどに症状が悪化する場合もあります。なるべく早く回復するためにも正しい診断を受ける必要があり、患者側も日常で感じる異変や行動を敏感にキャッチしておくと良いです。精神科や心療内科の治療は、日常生活に潜むストレスの原因を探る事です。原因を取り除けば容態も回復するため、どこに問題点があるのか見つける必要があります。適応障害の治療は話を聞く事と薬物療法があり、ライフスタイルやニーズに合わせて選択する事ができます。ストレスを無くす事は環境を見直す事でもあるため、人間関係や生活環境や健康等、あらゆる方面から聞き取り調査を行います。ストレスを除去するためにあらゆる解決策を模索し、一日も早い回復を目指します。治療ではストレスに対してどの様な対応を行っているのかチェックする事もあります。パターンを知りアプローチを図る事で、カウンセリング成功に繋がる場合もあります。治療を受ける患者自身が主体的に取り組む事で、スピード解決へと導きます。そして最後は薬物療法であり、情緒面や行動面で安定させるために服用します。適応障害の薬物療法は症状に対して薬を処方するため、根本治療では無いです。そのため適応障害では薬物療法を併用して、環境の見直しやカウンセリングを通して心のケアを行います。適応障害の治療を受ける事で誰にも相談できない辛さから解放されます。治療を受ける事で鬱陶しいと感じた毎日が次第に明るくなるため、未来に希望が持てます。