ストレスが原因となる適応障害とは【薬物療法で症状改善を目指す】

ストレスが要因の心の病気

男女

どのような病気なのか

適応障害とは、その病気を発症する原因のストレスがどこからやってくるものなのかはっきりしており、その原因から身体症状や精神症状、そのほか行動の面でも症状があらわれてくる心の病気のことをいいます。身体症状では、頭痛や腹痛、吐き気、動悸などがあります。そして精神症状では、不安や恐怖感、自殺願望、倦怠感などがります。それから行動の面での症状では、無謀な運転をしてしまう、喧嘩っ早くなる、過剰飲酒、すぐにキレる、勤務怠慢、反社会的な行為などがあります。適応障害となる原因のストレスがどこからやってくるものなのかはっきりと分かっているため、そのストレスを感じるところへ行かなければいけないときに症状があらわれてくることが多く、そのため常に症状があらわれてくるのではなく不定期にあらわれてきます。そのストレスの要因が職場であったり学校の教室であったり、ほかにも近所の人とのかかわりが苦手だったりなど、その場へ行かなければ行けない時間が迫ってきたときに腹痛を感じたり吐き気がしたりするのです。どのような人が適応障害になりやすいのかといいますと、仕事や学業などをまじめに取り組む人がかかりやすいといわれています。そして誰からも頼られながらも自分は頼れる相手がいないという人もかかりやすいといいます。そしてストレスの発散方法が上手くできない人など、主に社会のかかわり方に不器用な人が適応障害にかかりやすいということであり、そのような人はあまりがんばり過ぎないように気をつけなければなりません。

ストレス発散法

適応障害は放置してしまうことで悪化し、最悪の場合うつ病を引き起こしてしまう可能性を高めてしまいます。そうならないためにも予防を行なったり、適応障害となってしまった場合は治療を行なっていくことが必要です。治療法としてでは病院では認知行動療法やカウンセリングを行ないながら、必要であれば薬を処方されることもあります。そして何より、がんばり過ぎないようにするためにも適度な休息を取ることができるようにすることが大事です。そして予防法を取り入れていくことも大事な行ないでして、適応障害となるストレスを少しでも緩和させることができる方法として、実はヨガが効果があるといわれています。ヨガは呼吸法を取り入れて体を動かしていくものでして、家の中でも十分にできる方法です。呼吸法を行なっていくことによって精神バランスを安定させ、気持ちを落ち着かせていきます。そうなることによりストレスに強い精神となり、体を動かすことによって溜まっていたストレスも発散させることができるようになります。適応障害となってしまった場合は家の中に入る時間が増えることもありますので、少しの時間だけでもヨガを行なって体を動かして見るのも良い習慣となりますし、今でも人気の高い方法ですし呼吸法を行なうことにより脂肪燃焼効果が高まったり基礎代謝が上がったりなど体にも良い効果を引き出していくようになります。何かとストレスの溜まりやすい社会となってきている世の中なので、普段の生活の中でストレス発散法を取り入れていくことはとても大事な行ないとなるのです。